生物学

スミレ式観察法T
「腹で試せ」

学会を驚かせたホシノミヤ・スミレ氏の新しい観察法を実践し、身につけます。
注意事項
スミレ式観察法
「遠くからの観察で何が分かると言うのかね
 とっつかまえてかぶりついてこそ真実が見えるのじゃ」
(ホシノミヤ・スミレ談)
参考資料
アタゴオル玉手箱「南腹乱魚」
(アタゴオル物語について)
観察法極意
・対象物に直接触れてみることが大切です。
・何事も自分自身の目で確かめましょう。
・自分の五感を総動員して観察しましょう。
ポイント
・見るだけでは不十分です。
 見て、触れて、味わい、良く消化し、その知識を自分の血肉としましょう。
・どんなときでも駆け込めるかかりつけ医を持ちましょう。
 腹痛を恐れてはいけません。
スミレ式観察法演習T
屋外観察会を行います。→参加する
観察会までに観察予定の生物の下調べをしておきましょう。
蛇腹沼水中観察会
・日時---7月○日午前9時〜午後5時
・場所---アタゴオル蛇腹沼西側(ヒデテン温泉前に集合)
・持参するもの---銛、網
・服装---水中でも動きやすい軽装で来て下さい。水着着用も可。
・当日はツキミ姫の協力のもと風鈴キノコを使用して水中観察します。
(カナヅチの方も安心して参加していただけます)
・採取した生物を用いて昼食会を行います。
※昼食の心配は無用です。
注意事項
  火薬石等をまき散らす危険な漁をする猫がいます。
  黄色い太めの猫を見かけたら充分注意すること。
その他
・蛇腹沼には水中床屋、水中酒屋等いろいろな店があります。
 観察会終了後水中散策してみてはいかがでしょうか。

菫学園Topへ/文学()()・哲学・生物学・考古学地学
inserted by FC2 system