考古学

スミレ式発掘法
「簡単すばやいスミレ式」


学会を驚かせたホシノミヤ・スミレ氏の新しい発掘法を実践し、身につけます。
注意事項

■古代を考える[大胆な発想および研究法が新しい道を拓く!]
1.細かいことを気にしていては考古学はできない
問)ある遺跡の一部と思われる物体をうまく合わせることができません。
答)力をこめて押し込みましょう。
  はまりさえすれば今まで見たこともない現象に出会えるでしょう。

2.形に捕らわれてはイカン!!
問)物を削るカンナに似た物を発見しましたが、ものすごく柔らかいです。
  どのようにして使ったのでしょうか。
答)形が現代の道具と似ていても、同じように使ったとは限りません。
  思いこみは捨てましょう。

3.思考すればするほど古代から遠のく
頭であれこれ考えても、それで思いつくものには限界があります。
まずは、体を動かしましょう。
古代の民の気持ちになれば自然と古代の生活が再現できるでしょう。



■古代を掘る[貴重な研究時間をダラダラと発掘に費やしてはいけない]
簡単すばやいスミレ式発掘
ハケや小さなシャベルを使う発掘では学問の真髄は掘れません。
豪快にドカンと一発!さすればたちどころに古代が姿を現します。
  発掘道具(推奨品)
  ・スミレ印鼠火薬石・・・取扱が簡単。アタゴオル大学校購買部にて販売。


問)スミレ式発掘で古代の機械の一部と思われるものが出てきました。
  しかし、壊れてしまいました。
答)細かいことを気にしてはいけません。(「古代を考える」の1を参照)
  機械があったという事実が分かれば良いのです。
  どのように使用されたか、また、他の地域にもあるのか、
  一つの発見は新たなる謎を生み出します。その謎を解き明かしましょう。





◇◇◇◇◇



■冬期演習
プゲ王の「冬の味」を探す
 1.プゲ王の紋章のついた道具を探す。
   アタゴオル・ガラクタ通りなどが狙い目
 2.道具に記されたヒントを解読し「王様だけの冬の味」を見つけだす。

   参考資料・・・アタゴオル「王様だけの冬の味」(MF文庫「アタゴオル」9巻)

■夏期演習
パリスパの実を育てる
 1.パリスパの育成環境を考えて育てる。
   灼熱の土地でしか育たないと言われている事に注意
 2.成長したパリスパを使用して、古代の民が行った事を調べる。

   参考資料・・・アタゴオル「月影にかき氷」(MF文庫「アタゴオル」10巻)



●会員募集●
「カンナ踊り」サークル


スミレ博士じきじきの指導が受けられます。
各祭り会場や学園祭会場にて日頃の練習の成果を披露します。
入会希望者はアタゴオル大学校1号棟303教室へ
毎週水曜日午後4時より活動
(考古学受講生多数が参加しています)

はぁ〜、カンナ、カンナ♪

菫学園Topへ/文学()()・哲学生物学・考古学・地学
inserted by FC2 system