文 学

野原文学を読むII
「プルプル」
野原文学を読むIへ

アタゴオル在住にて唯一の野原文学博士、ホシノミヤ・スミレ氏の作品を読み解きながら、野原文学について学びます。
注意事項
テキスト
「プルプル」
 ホシノミヤ・スミレ作
 即興詩
参考資料
アタゴオルは猫の森「テルウテ1」
(アタゴオル物語について)
詩の鑑賞
詩の中に散りばめられた、独特の言葉の響きを楽しみましょう。
自然に体も踊り出すはずです。
ポイント
何も浮かばなくて詩作に苦しむときは、次の方法を試しましょう。
「目先のタコ」作戦
食欲が刺激されれば、文学も目覚めます。
素晴らしい詩が生まれるでしょう。
野原文学演習II
詩を作る。
・心に浮かんだ言葉をひろいあげて詩を作る。
 (注:飾らない、自分自身の言葉で作ること)
・提出期限---前期終了日までに提出のこと。
その他
・優秀作品は「野原文学」に掲載予定。
・毎月十五夜に、本学中庭にて詩の朗読会を開催。多数のご参加お待ちしてます。




あなたの心の詩を聞かせてください
脈旅団書房
(ギリムリア在)

** 締め切りは必ず守っていただきます **


菫学園Topへ/文学()(2)・哲学生物学考古学地学
inserted by FC2 system