文 学

野原文学を読むT
「ピンピン髭のサンバ」
野原文学を読むIIへ

アタゴオル在住にて唯一の野原文学博士、ホシノミヤ・スミレ氏の作品を読み解きながら、野原文学について学びます。
注意事項
テキスト
「ピンピン髭のサンバ」
 ホシノミヤ・スミレ著
 カタツムリ社刊
 ポシヒレ判
参考資料
アタゴオル物語「シャイコナ」
(アタゴオル物語について)
物語の背景
「私が銀飛沫海に行ったとき、テンパンという海賊に襲われまして、
その時ピンピン髭という男に助けてもらったことを書いたものですよ」
(スミレ博士談)
ポイント
各登場人物の活躍がまるで目に見えるかのように描かれている点に注目。
野原文学演習T
シャイコナ製の本を作る。
・アタゴオル地方にてシャイコナを採取し、カタツムリ社で2冊製本する。
 1冊を提出すること。
 (注:製本依頼時には本学の学生証を提示すること)
・提出期限---前期終了日までに提出のこと。
その他
・優秀作品は第5回野原文学学会で発表予定
・最優秀作品1点を本学より出版

菫学園Topへ/文学(1)()・哲学生物学考古学地学
inserted by FC2 system