アタゴオル入門―ストーリー紹介―
   アタゴオルは漫画家ますむら・ひろしさんの描く作品の舞台です

アタゴオルはシリーズによってガラリと雰囲気が変わります。
それぞれの特徴を見て、自分の好きなシリーズから読んでいっても良いでしょう。
アタゴオルを読み始める参考にしてください。

アタゴオル物語アタゴオル玉手箱アタゴオルアタゴオルは猫の森
アタゴオルシリーズ外伝

アタゴオル物語 (1976〜1981年発表)
テンプラやタクマが止めるのも聞かずヒデヨシは危険な森に飛び込みます。案の定大変なことになってしまったヒデヨシを助けるためにオクワさんの知恵を借りて…(第1話:影切り森の銀ハープ)。
青猫島から来た腕利きの床屋でバイオリンの名手・唐あげ丸とその弟子(?)ヒデ丸も加わり、アタゴオルの森では日々不思議なことが起こります。
自由気ままに動き回るヒデヨシ、しょうがないなぁと思いながらも彼に付き合う仲間たち。
彼らが歌ったり飲んだり食べたり森を散策したり、静かな語り口で物語りは進んでいきます。時間がゆったりと流れる作品です。

100年前にアタゴオルを支配していた紅どくろ王朝、謎に満ちた妖術使い・ギルバルス、かつてヨネザアド大陸を支配していた黒髪王朝の財宝、金色の魚との対決、昔話に聞いた・くねくね、銀しぶき海の旅、予報がまったく当たらない気象台、ようやく借金を返す気になって働き出すヒデヨシ……、

●黒を多用した暗い画面と独特の絵柄で描かれており、人によっては好き嫌いがハッキリ分かれてしまうかもしれません。
少し毒のあるファンタジー。
収録された作品は、基本的には1話完結の短編です。

※「アタゴオル物語」のタイトル一覧はこちらをご覧下さい。




アタゴオル玉手箱 (1984〜1994年発表)
ヒデヨシとテンプラは長い間岩の中で眠っていたツキミ姫を見つけ出します(第5話:ツキミ姫のお菓子)。
特別な能力を持つツキミ姫も加わって、より不思議さが増すアタゴオル。

・アタゴオルの森の上にあるはずなのに見えない星街、そこにたどり着くには…。
・ヒデヨシがフラフラと出かけていった先には伝説の豆猫族が。
・海底島に移り住んだタクマから助けを求める手紙が届き、駆けつけたヒデヨシたちがそこで見たものは…。
・スミレ博士はますます絶好調! 学会に乗り込みます。
・ヒデヨシが吹雪の洞窟で見つけた卵から生まれたのは…、ホロリとする結末が。
・アタゴオル玉手箱の後半では強い力を持つキリエラを巡る戦い「キリエラ戦記」16話が描かれています。唐あげ丸、テンプラ、ツキミ姫が活躍。

●宮沢賢治の童話を漫画化した頃に描かれたためか、かわいらしい絵柄になっています。ファンタジー好きで、初めてアタゴオルを読もうと思う方は、玉手箱から読んでみるのも良いでしょう。
収録された作品は、海底島やキリエラを除いて基本的に1話完結の短編です。

※「アタゴオル玉手箱」のタイトル一覧はこちらをご覧下さい。




アタゴオル (1994〜1996年発表)
長いこと途絶えていた祭りを復活させることに。テマリの占いによると、被り手に立候補したヒデヨシの身に起こるのは「死、もしくはそれ以上」(第2話:静けさと熱の魚)
お騒がせ猫ヒデヨシがより自由に、よりふてぶてしくなりました。
また、数々の古代の謎をパンツが中心になって解き明かします。

・ヒデヨシが小学校の先生をやることに、どうなることやら。
・突然みんなが同じ格好をするようになった森。いったい何が起きたのか。
・ヒデヨシたちは砂漠化した村を救えるか。
・伝説のカキ氷屋、美茶(びっちゃ)がアタゴオルにやって来た。

●登場する人たちは「アンダルシア姫」のようなシャープな顔つきになっています。
収録された作品は、基本的には1話完結の短編です。
「アタゴオル物語」や「アタゴオル玉手箱」に比べてメッセージ性の強い作品もあります。

※「アタゴオル」のタイトル一覧はこちらをご覧下さい。





アタゴオルは猫の森 (1999〜2011年)
蛇腹沼流しの準備でにぎわう中、唐あげ丸は一人演奏に悩んでいた。「本物が育てた鳴月だけが決して沈まない」その意味とは…(第1話:月を祭る)

・冬の魔物を退治すべく、伝説の勇者ギルバルスに助けを求めたら…。
・切手収集家たちが滝に打たれているのは、切手を手に入れるため?!
・スミレ博士の詩から始まった冒険の旅「テルウテ」12話、ヒデヨシと蛸との対決?!「波動王海談記」18話の長編冒険シリーズも描かれています。

●2011年12月号までコミック・フラッパーで連載されていた作品。
ヒデヨシは前作よりもハチャメチャな感じで暴れまわっています。
ジャリアに登場した鉱呪文を使う時王(ときおう)が加わり、物語の舞台はアタゴオルの森を離れて海を渡る冒険も描かれます。
収録された作品は、「テルウテ」「波動王海談記」等を除いて、基本的に1話完結の短編です。

※「アタゴオルは猫の森」のタイトル一覧はこちらをご覧下さい。



※現在入手可能なコミック単行本は→キーワード「アタゴオル」

アタゴオルシリーズ外伝
アタゴオルシリーズ本編とは別に描かれた、アタゴオルを舞台とした物語。
アタゴオル・ゴロナオ通信
ヨネザアド物語
ジャングル・ブギ
ギルドマ
ジャリア






Copyright (C)2006 konbei
inserted by FC2 system