-
イッセンマチヤ 文房具(15)
1本で2本分(赤青鉛筆)
-

1本で2本分(赤青鉛筆)
1本の鉛筆の中央から半分は赤色、もう半分は青色の芯になっている。鉛筆の両側から削れば1本で赤・青2色の色鉛筆になる。2色使えるので便利なように思われるが、青鉛筆の出番はほとんど無かった。そのせいか、赤:青が7:3の割合になったものもあった。

4色鉛筆実用性を考えての赤青鉛筆に対し、デザインを重視して作られたと思われるのが右図の4色(または3色)色鉛筆だ。
これは1本の芯を縦に4分割しそれぞれ別の色をはめ込んだような作りになっている。うまく角度を合わせれば1色ずつ色を出せるのだが、削って細くとがった芯の先では思い通りの色を出すのは難しい。
芯の色はパステルカラーの組み合わせで可愛らしく、ファンシーグッズの一種だったのだろう。

←前へ次へ→
[生活雑貨][文房具][食料品]
Copyright (C)2004 konbei
-
[TOPへ][店の紹介][商品について][仕入帳][連絡]

inserted by FC2 system